忍者ブログ
その映画おもしろいの?
洋画を中心に観たい映画と観た映画の感想とかをてきと~に。激しくネタバレします!
[7]  [6]  [5]  [4]  [2]  [115] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



怖いピエロが殺しにやってくる映画「it(イット)」がリメイクで再度映画になるそうです。
942bfad6.jpeg

ネットのニュースより

【リメイク版「IT」はR指定に】
ワーナー・ブラザーズによる劇場映画用のリメイク版「IT」は R指定(17歳以下は保護者の同伴が必要、「ミスト」と同じ)になると脚本を担当するデヴィッド・カイガニックが話しています。
1990年のテレビ映画版は TV-14(14歳以上推奨)に指定されているので、(時代による基準の違いを無視すれば)リメイク版は表現上の制約は小さくなります。
カイガニックも「性格描写の核になっているトラウマにも原作に忠実に取り組める」と話している。
ただ R 指定といっても、あの 7人のセックスシーンはどうするのかとか興味は尽きないです。
 
また、リメイク版では子供時代が1980年代中ごろ、大人時代が現代に設定される。
 
ワーナーブラザースがリメイクする映画"IT"ですが、脚本はほぼ完成している模様。
早ければ 2011年に公開の予定のようです。
------------------------------------------------------------------
9270359e.jpeg
2回ほど1990年のTV映画版を見たことがありますが、187分という長い上映時間でたしかに神出鬼没のピエロはとっても怖かったです。
しかしラスト10分、オチのしょうもなさが非常にムムム…です。
映画製作陣が最後に力尽きたのかホントにラストがしょうもないです。

【1990年のTV映画版のあらすじ】
アメリカメイン州のある町。
子供が何者かによって惨殺されるという事件が多発する。

住人のマイクは事件の性質からある事件を思い出し顔面蒼白になる。
そして子供の頃につるんでいた仲間6人に急遽連絡を取り、「ヤツ(イット)が現れた」と伝える。
町を出ていた6人は電話越しのマイクの声を聞き、かつての恐ろしい記憶が蘇る。

それはまだ子供だった30年前、ペニーワイズと呼ばれる邪悪なピエロ=イットから受けた恐怖体験であった。
その頃にも子供の連続殺人事件が発生し、7人は犯人がイットであると確信していた。
やがてイットはトラウマとなり成人になった今でも決して忘れることの出来ない存在になったのである。

そいつが30年後に戻ってきたのだ。
固い友情で結ばれた7人は、イットを仕留め永遠に断ち切るべく再び町に集結するのであった・・・(映画偏り放題より)





【23%OFF!】クリッター コンプリートBOX(DVD)

【23%OFF!】クリッター コンプリートBOX(DVD)
価格:7,699円(税込、送料別)


拍手[0回]

PR

◆この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
サイト内検索
プロフィール




HN:
HRD
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/07/31
職業:
ITとか
趣味:
映画 お酒 水泳 お絵描き バイク
自己紹介:
基本的には洋画を中心に、メジャーな映画もマイナーな映画もなんだかんだで週に5本以上は観ております。
マイナー映画の中から掘り出しもの映画を見つけるとうれしくなります。

岐阜市在住、既婚 妻+娘2人+猫
WEBの仕事をいろいろやってます。
人見知り、小心者、球技が苦手です。
マイペース・B型・末っ子でてきとーな人間です。
好きなことしかやりません。
最新記事
(03/17)
(12/28)
(12/04)
(01/07)
(12/23)
(12/21)
(09/18)
(06/20)
(05/04)
(04/28)
(02/10)
(02/07)
(02/06)
(11/27)
(10/18)
(09/29)
(09/24)
(09/18)
(09/12)
(08/14)
(08/12)
(07/30)
(07/26)
(07/24)
(07/10)
バーコード
最新コメント
[09/10 韓国コピー時計]
[06/20 how much is the van cleef alhambra pearl necklace for cheap]
[06/04 cartier bangle pink fake]
[06/04 arpels and van cleef imitation]
[06/04 replique cartier bracelet or blanc 18 carats]



忍者ブログ [PR]