忍者ブログ
その映画おもしろいの?
洋画を中心に観たい映画と観た映画の感想とかをてきと~に。激しくネタバレします!
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「The Fall (落下の王国)」を見ました。
なんつーセンスのない邦題・・・そのままThe Fallで良いのに。
9d09d09a.jpeg

f79f8266.jpeg
「ザ・セル」のターセム・シンって監督の映画でありまして、極彩色の色彩感覚が非常によい、画面の奇麗な映画でございます。
監督がインド出身なので、インド人もキャラとして出てきますし、インドっぽい所も出てきます。
13の世界遺産、24ヶ国以上で撮影されております。

【キャスト】
リー・ペイス(グッド・シェパード)、カティンカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル(カオス)、ダニエル・カルタジローン、エミール・ホスティナ、ロビン・スミス、ジートゥー・バーマ、レオ・ビル、ジュリアン・ブリーチ、マーカス・ウェズリー

知らん人ばっかしですが、帰って他の映画の先入観なく見れます。
アレクサンドリアがもうちょっとかわええと良いのですが、それはそれで良いです。



【ストーリー】
1915年。
映画撮影中に橋から落ちて大怪我を負い、病室のベッドに横たわるスタントマンのロイ(リー・ペイス)は、私生活でも恋人を主演俳優に奪われ、自暴自棄になっていた。
そこに現れたのが、オレンジの樹から落下、骨折して入院していた5才の少女アレクサンドリア(カティンカ・アンタルー)。

自ら動くことのできないロイは、自殺するための薬を薬剤室から盗んでこさせようと彼女を利用することを計画。
彼女の気を引くために、思いつきの冒険物語を聞かせ始める…。

それは6人の戦士が、総督オウディアスへ復讐を果たす物語。
弟を殺されたオッタ・ベンガ、妻を誘拐され死に追いやられたインド人、爆発物の専門家であるがゆえに危険分子とされたルイジ、幻の蝶の死骸を送りつけられた英国の博物学者チャールズ・ダーウィンと猿のウォレス、弟と共に死刑を宣告された仮面の黒山賊、そして、神聖な森を総督に焼き払われた霊者。

彼らが総督の牙城に向かう途中、総督の旗を掲げた山車に遭遇、鞭に打たれる奴隷たちを解放しようと6人は山車の扉の前に立つ。
中から姿を現したのは、扇で顔を隠した姫。
一行は姫をさらい、一旦隠れ家に戻り雌伏する。

その後、姫と黒山賊の間に愛が芽生え、結婚することになるが、式を取り仕切った司祭の裏切りによって一行は捕らえられる。
砂漠の真ん中に鎖で繋がれた戦士たち。
すると、ウォレスが入っていたはずの皮袋から仮面をつけたアレクサンドリアが出てくる。
彼女は黒山賊の縄をほどき、手に銃を持たせた…。
しかし、先ほど飲んだ睡眠薬によってロイは意識を混濁させその場に倒れこんでしまう。

アレクサンドリアはロイに喜んでもらおうと再び薬剤室に忍び込むが、モルヒネの瓶を掴もうとした瞬間、転倒し床に落下する…。
アレクサンドリアのベッドの脇で泣き崩れるロイ。
彼は彼女に作り話を聞かせていたことを告白する。
しかし、それでもアレクサンドリアは物語の続きをせがむのだった……(Goo映画より引用)

24205bce.jpeg

10e8e754.jpeg

3b86fb1d.jpeg

16909fbd.jpeg

52e3caad.jpeg

49e72b48.jpeg

e1a1ca94.jpeg

a66bc340.jpeg

5bb57072.jpeg

ff469643.jpeg

0a1adfd7.jpeg

764c3dcf.jpeg

88742d1d.jpeg




【感想とか】
なによりも風景のきれいな映画です。

空想の世界のストーリーは、主人公のロイの作り話なので、ロイの都合のいいように作られていきます。
ロイの心理や身体の状態が作り話に大きく影響します。

また、作り話の中と現実世界の人物とが共有されており、死にかけのじいさんが話の中の木の霊者だったり、あんまり関係のない看護士が仲間の一人(ダーウィン)だったりします。
その作り話の中と現実のそれぞれのキャラの異なり様もなかなかおもしろいです。

最後に映画の試写会を病院で行いますが、ロイが人生をかけて臨み半身不随となってしまったスタントのシーンは、見事にカットされてしまっていましたが、もうその頃には生きる意味を少し見出したのか、それとも諦めたのか、苦笑しておりました。

そしてストーリーが終わると、チャップリン等の映画のシーンがダイジェスト風に流れ、その当時の映画においてスタントの役割の重要性を語っているかのようでした。

エンドロール後とかに何もやらんので良いです。
オススメ!


GETPLUS ( ゲットプラス ) 楽天店WBAF-3936 ザ・フォール 落下の王国 Blu-ray Disc:DVDソフト[L14]

ザ・フォール 落下の王国 Blu-ray
価格:5,511円(税込、送料別)

ザ・フォール/落下の王国 特別版

ザ・フォール/落下の王国 特別版
価格:3,381円(税込、送料別)


拍手[2回]

PR

◆この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
初めまして。
最近、ブログ村に参加しました。
「落下の王国」、随分前に観たのですが、
内容がまったく覚えていません。
「インモ―タルズ~神々の戦い」を観ても、
あ、この監督は映像にストーリーがおいつかないのかな?と、おもちゃいます。
映像が、素晴らしすぎるのかもしれませんが。
どっちにしても、この監督の作品は好物です。
ぷっちん URL 2012/05/26(Sat)14:47:40 編集
Re:無題
コメントありがとうございます。
初めて見た時よりも2回目の今回の方が内容がよく理解できておもしろく見れました。
難しそうな映画ですが、意外とシンプルでとっても好きな映画です
「インモ―タルズ~」はあかんかったですが、この映画と「ザ・セル」はとっても秀逸だと思います。
【2012/05/30 10:01】
サイト内検索
プロフィール




HN:
HRD
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1972/07/31
職業:
ITとか
趣味:
映画 お酒 水泳 お絵描き バイク
自己紹介:
基本的には洋画を中心に、メジャーな映画もマイナーな映画もなんだかんだで週に5本以上は観ております。
マイナー映画の中から掘り出しもの映画を見つけるとうれしくなります。

岐阜市在住、既婚 妻+娘2人+猫
WEBの仕事をいろいろやってます。
人見知り、小心者、球技が苦手です。
マイペース・B型・末っ子でてきとーな人間です。
好きなことしかやりません。
最新記事
(03/17)
(12/28)
(12/04)
(01/07)
(12/23)
(12/21)
(09/18)
(06/20)
(05/04)
(04/28)
(02/10)
(02/07)
(02/06)
(11/27)
(10/18)
(09/29)
(09/24)
(09/18)
(09/12)
(08/14)
(08/12)
(07/30)
(07/26)
(07/24)
(07/10)
バーコード
最新コメント
[09/10 韓国コピー時計]
[06/20 how much is the van cleef alhambra pearl necklace for cheap]
[06/04 cartier bangle pink fake]
[06/04 arpels and van cleef imitation]
[06/04 replique cartier bracelet or blanc 18 carats]



忍者ブログ [PR]