忍者ブログ
その映画おもしろいの?
洋画を中心に観たい映画と観た映画の感想とかをてきと~に。激しくネタバレします!
[97]  [96]  [95]  [91]  [94]  [92]  [93]  [90]  [89]  [88]  [87
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


5/6 日本での公開日を追加しました
1/21 画像を追加しました
12/12 内容を更新しました

「遊星からの物体X ファーストコンタクト(The Thing 2011)」を見ました。
おもしろかったです
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)
犬を追いかけるシーンから始まる前作82年版「遊星からの物体X」の、宇宙人を発掘し先に崩壊したノルウェー隊の話です。
監督は、マシーズ・バン・ヘイニンゲンという新人監督だそうです
2011年10月14日アメリカ公開、日本での公開は2012年8月4日。

【キャスト】
メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ファイナル・デッドコースター)、ジョエル・エドガートン(スモーキン・エース)、アドウェール・アキノエ=アグバエ(G.I.ジョー)、ジョナサン・ロイド・ウォーカー(レッド)、ウルリッヒ・トムセン(ザ・バンク 堕ちた巨像)、トロンド・エスペン・サイム、エリック・クリスチャン・オルセン(セルラー)ほか

↓今回の主人公:ケイト
遊星からの物体X ファーストコンタクト(The Thing 2011)

↓カーター(最後の方まで生き残ります)
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)

【ストーリー&ネタバレ】
覚えている限りで書き出します(相違があるかも)

南極でノルウェー隊の乗る雪上車がクレバスの上で不思議な電波をキャッチし、その発信源の上部に達した時、雪上車は隊員3人もろともクレバスに飲み込まれます。
ある程度落下したところで、挟まった雪上車がライトを点けると・・・宇宙船が映し出されます。

オープニング

場所は変わって、(たぶん)アメリカの古生物学者のケイト・ロイドは自身の研究室で凍ったアザラシを研究中、ノルウェーチームの隊長とその助手が訪れ、「内容は詳しく言えないが・・・」と南極基地への同行を依頼に来ます。
ケイトは、さほど悩まず同行をOKし、早速ヘリで南極へ向かいます。
彼女の役目は南極大陸で発見された謎の物体を調査することであります。

南極のノルウェー隊の基地から雪上車でトンネルの入り口まで行き中に入ると、すでに何名かのノルウェー隊員が作業をしています。
そしてライトをつけると・・・直径100m以上はありそうな宇宙船が映し出されます。(スターウォーズのファルコン号のでっかい版みたいな感じ)

そしてトンネルから少し離れた所には、宇宙人と思われる生物が氷中に埋もれています。
この生物を氷ごと切り出し、研究しようと基地へ持ち帰ります。
ここまでの展開は、まるでエイリアンvsプレデタ―1と同様です。

持ち帰った氷塊に穴をあけ中の生物の組織の標本を取り出します。
この時、氷に1本のひびが入ります。
作業も無事完了し、娯楽室では隊員がビールを飲んだりビリヤードをしたりとくつろいでいます。
隊員の傍らには、例の犬の姿もあります。
一方、取りだした氷塊はどんどん溶け、水が流れ出ます。

遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)

隊長のスピーチの後、アメリカの輸送チームの一人がケイトのために、ヘリまで何かを取りに行きます。(たぶんアメリカのお酒)
また、黒人のパイロットは用をたした帰りに氷塊を見に行きます。
隊員にからかわれた後、帰ろうとしたその瞬間!ドッカーンと氷が破裂し、中からなにやら2m以上はある昆虫のような節足と多数の触手を持った生物が天井を突き破って部屋から逃げ出します。
黒人隊員が急いで娯楽室に戻り事を伝えると、全員の顔色が変わり、急いで捜索をはじめます。

犬小屋には大量の血の跡があるものの、犬の姿はありません。
そして隊員2人が、外の建物の床下に生物の影を見つけます。
突然1本の触手が伸び、一人の隊員の背後から胸を突き刺します。
貫通すると触手の先端が銛のように4本の“かえし”に変わり、隊員を床下に引きずり込み体内へと飲み込みます。

もう一人の隊員の助けを求める声に、他のメンバーも集まり、拳銃で発砲→ガソリンかけて燃やします。
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)

燃やすことで死んだと思われる生物を、翌日隊長とケイトによって解剖します。
ここでは前作のように突然がばっと胸が口のように開いて腕を食べたりはしません。

生物の体内には犬の姿はなく、飲み込まれ途中の隊員が半消化のような形で残されています。
そしてケイトは、その死体の傍らに何かの金属板を発見します。
これは死んだ隊員が骨折した腕の骨の矯正するものでした。
この隊員は消化途中ではなく複製途中だったようです。
また、この生物は複製する際、有機物質のみが複製でき金属のような無機物質は複製できないようです。(衣服は複製?)

翌日、アメリカの輸送チームは、帰還の準備をはじめます。
シャワー室でケイトは血の付いた何かの破片を数個発見します。
それを拾い上げてみると、それは歯の治療に使う金属の詰め物でした。

すでにヘリは飛び立ってしまいましたが、ケイトの「着陸しろ」のサインに気付いた隊員(カーター)がヘリを着陸させようとすると、以前娯楽室からケイトの為にお酒を取りに行っていた隊員の顔面が割れ、中から無数の触手が出てきます。
身体からも触手が出現し、向かいの席の隊員を襲いかかります。
そしてヘリは基地上空から逸れ、遠方に墜落し煙が上がります。

基地では、輸送チームの救援に行くか行かないかで論争します。

この辺ちょっとオイラの記憶があいまいですが、ケイトが早い段階で生物から取り出した細胞が人間の細胞を取り込みコピーする様子を顕微鏡で確認しています。

女性隊員と車の鍵を探すケイトの後ろでピチピチと音がします。
振り返ると女性隊員の身体の中では触手が這いまわり、そしてモンスターへ変貌します。
なんとか廊下へ逃げ出したケイトは、別の男性隊員とすれ違いますが「逃げろ」とか言ってあげないので、男性隊員は襲われてしまいます。

扉の向こうへ逃げたケイトの所へ火炎放射機をもった隊員がやってきます。
そしてせーので扉を開け、食事(コピー?)に夢中の生物を焼き殺します。

そして時を同じくして、暗闇の中からヘリの隊員2名が凍えながら基地までたどり着いてきます。
「あんな所から帰ってくるなんて化け物に違いない!」という事で、2人は外の物置に閉じこめられます。

遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)

残りの全員を集め、生物がコピーできることと、無機物質はコピーできない事、ウイルスのように拡散しそうな事、それを食い止めなければいけない事を伝え、全員にテスト(たぶん血液検査?)を受けさせます。

しかし何者かの妨害によりサンプルは実験室ごと燃えてしまいます。
仕方がないので、歯の詰め物があるかないかで、怪物探しをします。(この辺は前作の血液検査と同じ感じで全員が疑心暗鬼に囚われます。またその雰囲気もよく作られています。)

しかし、セラミック製の詰め物だといったり、健康歯ばっかりだったり、自己申告で詰め物はないという人が4人出てきてしまいます。
そして、全体をコントロールし始めようとしているケイトに隊長らは不信感を抱きます。
丁度その時、物置の2名の歯の詰め物を確認しに行ったリース(最後に犬を追っかける人)ら隊員2人が、脱走した2人に襲われます。
当然生物に襲われたと思うので、パニックになりながらも皆の元へ、2人が逃げ出して襲ってきたと伝えます。

もう少しで絞り込みができた所が有耶無耶になってしまいます。
そして基地内の廊下で火炎放射機をもったノルウェー隊員と、カーターらヘリのパイロット2人が鉢合せしてしまいます。
緊張の中、ノルウェー隊員が火炎放射を発射とした眼の色が変わった瞬間、カーターが銃で撃ち殺してしまいます。
「あそこで撃たなければ、彼は火を放っていた」
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)

そして撃たれた隊員の火炎放射機から漏れた液体ガスに引火し爆発を起こします。
爆発の衝撃に気を失った隊員を運んでいると、ズルッとずれ落ちます。
腕が取れ、運んでいる隊員に襲いかかります。

前作を観た人なら知っていると思いますが、この生物は、1個個体が一つの生物ではなく、血液や細胞単位にいたるまで、それぞれが個々の生命物であり、いわば生物の集合体なのです。
なので取れた腕だけの生物を切っても、それぞれで生存するので、焼却以外に殺す手立てがないようです。

そして取れた腕は、それを掴んでいた隊員を襲い、本体の部分はモンスターへと変わっていきます。
ケイトは、火炎放射機で焼き殺そうとしますが、お約束の圧力の関係で噴射されません。
そして生物は、周りの隊員(助手と黒人)を触手で刺し襲います。
2人が致命傷を受け、そのうちの助手の隊員の元へ生物が近づきます。

モンスターは、致命傷の隊員に口をあけて襲いかかるのではなく、人間の顔の部分をその隊員の顔にスリスリと擦りつけます。
そして擦りつけていくうちに、皮膚と皮膚とがくっつき融合されていきます。
はっきりってめっちゃ気持ち悪いです。
でもここら辺りが見どころなのかもしれませんが、ある意味クチポカーン(゚Д゚)y─┛ハァ?です。
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)


火炎放射機が直る頃には、モンスターは部屋を出ていきます。
ケイトは火炎放射機で、死んでしまった隊員を焼却し、後を追います。
モンスターに追われたカーター(ヘリのパイロット)は、キッチンに逃げ込みますが追い詰められてしまいます。

間一髪ケイトに助けられモンスターは、壁を突き破り外で絶命します。
ケイトは、とどめにさらに燃やし続けます。

するとおそらく生物と思われる隊長が、雪上車を使って基地から出ていきます。
ケイトとカーターは、別の雪上車にガソリンを積み、後を追います。
雪上車の止まった場所は、そう宇宙船へのトンネルの入り口。
2人はトンネルを進むと、宇宙船のハッチが空いています。

火炎放射機を持ったカーターと手榴弾を持ったケイトはハッチに近づきます。
すると宇宙船が起動し始め、立っている足元の部分がブラインドのように順に開き始めます。
順に開く板状の外壁から逃げるように走りますが、ケイトは板と板の隙間に落ちてしまします。
(この宇宙船、密閉されとらんのかいな?)

カーターは仕方がないので、ハッチから宇宙船に入ります。
中では、隙間から滑り落ちたケイトが、船内を探索します。
宇宙船の中心部であろうところには、ジェンガのピース3mほどの高さまで集まったようなオブジェクトがあります。
メインコンピュータなのでしょうか?

一方カーターもケイトや隊長(モンスター)を探し船内を探ります。
さらに船内を徘徊するケイトを隊長(モンスター)が襲います。
かろうじて残っている顔の部分もぶち破りモンスターの正体があらわになります。
(どうみても女性器です┐(´ー`)┌)

なぜか人間だけが通れるような通気口があり、ケイトはそこへ逃げ込みます。
一度落とした手榴弾をなんとか広い、オマンPの中へ投げ込み、ドッカーン
宇宙船も機能を停止します。
爆発前にカーターとも合流し脱出します。

なんとか生物の拡散を食い止めた二人は、乗ってきた雪上車で基地へ帰る支度をします。
しかしケイトは、カーターに違和感を感じます。
カーターの左耳には、ピアスがあったのですが、それがありません。
生物は、金属などの無機質はコピーできないからです。
火炎放射機をトランクに移すと言って手にし、カーターを焼き殺します。
変貌こそしませんでしたが、首は折れ生物特有の奇声を発し、死に絶えます。

そしてケイトはもう一台の雪上車に乗ったところでエンドロールが始まります。
※まだ続きます。

日が上り、一方基地では、ヘリ(ノルウェー隊)が救助にやってきます。
物置に閉じ込めてたカーターら2人に襲われてたラースは実は無事で、物陰からライフルで狙いますが、救助だと理解します。
その後ろを例の犬が走り過ぎます。
すぐ様ラースたちは、ヘリに乗り込み犬を追いかけます。
そうです。その犬こそ生物が擬態した犬であり、前作の冒頭のシーンに続きます。

↓助手の人
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)

↓宇宙船までのトンネル
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)

遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)

↓監督かな?
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing 2011)

【思ったこと】
・結構グロいね
・展開が早くてダレなくていいね
・生物は、宇宙船動くのになぜに外へ出た?(だから凍ってしまった)
・生物に宇宙船の操縦ができるほどの知能を感じないのだが…
・もうちょっと生物に乗っ取られるきっかけの描写があってもよかったんとちゃう
・犯人探しの部分は良かった
・ほんでもってケイトは最後どうなった?
・生物がひたすら化け物になって襲うだけなので、宇宙船を持つぐらいの知能があるのであれば、擬態して知らない間に人間と入れ替わる方(前作仕様)が、怖さの内容が変わったのにと思う。
・宇宙人はやっぱり裸なんやね(衣の概念はないんだろうね)
・オイラが生物で知能が今ぐらい残っているなら、身体の一部を粉々にして色んなところにまぎれ込ましておくと思います。そうすれば世界征服はあっという間ですし、この映画も30分ぐらいで絶望で終わります。

ここまで書くのに3時間半かかったわ

この映画を見た後に82年版「遊星からの物体X」のDVDを見ましたが、ノルウェー隊基地のディテール(氷塊のある部屋や壊れた廊下、バールなど)や顔のくっついたモンスター、宇宙船のハッチなど、前作とうまくつながるように本作は丁寧に作ってあります。
若干、宇宙船周りの地形が異なっていた感じです。

あと前作のラストでカートラッセルと黒人が話し合う姿がありますが、複製と思われる黒人の方は息が白くならない部分など、本作のラストのカーターも同じ表現があります。


↓物体Xが目覚めるシーン



拍手[35回]

PR

◆この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
こんにちは
ちゃんと全部見たんですね、自分は最後にケイトが雪上車を焼くところまでしか見てなかったので、「ああ続編が作れるように作ったんだな」と勝手に解釈してました。

この映画で怪我人運ぶのは死亡フラグ確定を痛感しました。あと前作の物体(ややこしい)はしっかりと脅威度判定していて、戦うか逃亡するか生存の可能性が高い行動を選択していた気がしますが、今回の物体はケイトを”逃げるにまかせ”「食事(コピー?)に夢中」になったり、時間をかけて同化したり、(即逃亡するか戦った方が生存の可能性高?)なんか悠長ですよね。
ご指摘のとうり、円盤動いて氷から脱出できるのなら物体は10万年一体何してたんでしょうか?
それとヘリの中で暴れるのも意味不明ですよねまるっきり自殺行為、ヘリが飛び立つ前に襲って同化したほうが逃亡(?)成功の可能性大ですし、そのまんま人間のフリして着陸後に機会を伺ってもいい訳です。
とまあ色々書き散らかしましたが公開いつなんでしょうねえ、やー面白い映画にツッコミ入れるって楽しいですよね。最後にノルウェー隊員の使ってる銃は前作でヘリから撃ってたのと同型です。
アナベル・加トー少佐 2012/01/06(Fri)05:07:51 編集
Re:こんにちは
物体の思考と行動が浅はかなのは、前作の前哨作品ということで、「人間の思考や行動を学習する前だった」という解釈でよいとしておきましょう。

ヘリに乗って本国へ戻ってからの方がより繁殖しやすかったと思いますが、物体としても初めての経験であろうと思うので、何処へ連れていかれて何をされるのかわからないので、ヘリでの襲撃タイミングの未熟さにも目をつぶりましょう。

まあ、こうやって見終わった後にワイワイと語れる映画なので、かなり良作なんだと思います。
【2012/01/21 17:38】
サイト内検索
プロフィール




HN:
HRD
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/07/31
職業:
ITとか
趣味:
映画 お酒 水泳 お絵描き バイク
自己紹介:
基本的には洋画を中心に、メジャーな映画もマイナーな映画もなんだかんだで週に5本以上は観ております。
マイナー映画の中から掘り出しもの映画を見つけるとうれしくなります。

岐阜市在住、既婚 妻+娘2人+猫
WEBの仕事をいろいろやってます。
人見知り、小心者、球技が苦手です。
マイペース・B型・末っ子でてきとーな人間です。
好きなことしかやりません。
最新記事
(03/17)
(12/28)
(12/04)
(01/07)
(12/23)
(12/21)
(09/18)
(06/20)
(05/04)
(04/28)
(02/10)
(02/07)
(02/06)
(11/27)
(10/18)
(09/29)
(09/24)
(09/18)
(09/12)
(08/14)
(08/12)
(07/30)
(07/26)
(07/24)
(07/10)
バーコード
最新コメント
[09/10 韓国コピー時計]
[06/20 how much is the van cleef alhambra pearl necklace for cheap]
[06/04 cartier bangle pink fake]
[06/04 arpels and van cleef imitation]
[06/04 replique cartier bracelet or blanc 18 carats]



忍者ブログ [PR]